水素水効果

水素で生理痛・生理不順の悩みは解消できる?

更新日:

生理は月経ともいい、周期的に女性の体に起こる、生理的出血です。子供を産むためにとても大切な生理ですが、生理痛や生理不順などで悩みを抱えている人も多くいるでしょう。

毎月くる生理が重かったり、つらかったりしている女性は、少しでも痛みなどを和らげることはできないのか? と思われる人もいるでしょう。

そこで生理痛や生理不順の女性におすすめしたいのが水素です。水素は生理にどのような働きをするのでしょうか。

そこで今回は、生理についてのことについて理解を深めながら、水素が生理の時にどのような働きをしてくれるのかについてまとめていきます。

生理の仕組み

生理とは毎月28日周期で女性の体に起こる生理的な出血のことをいいます。生理の時の出血は、血と共に子供を育てるために女性の体の中で準備をされていた子宮内膜が体の外へ排出されたものです。

生理は卵胞期、排卵、黄体期、生理の順番で起こっています。まず、卵胞期では、卵胞ホルモンの影響によって子宮内膜が厚くなり、子宮内膜に血が集まってきます。そして、子宮の準備が整うと、排卵が行われます。

排卵が行われると、卵胞ホルモンは、黄体ホルモンへと変化して、いつ着床してもいいように子宮内膜が厚くなっている状態を維持します。しかし、着床が起こらないと、ホルモンの量が変化していき、子宮内膜は子供を育てるための状態を維持できなくなり、子宮から子宮内膜がはがれてしまいます。また、この子宮内膜がはがれるときには、子宮に集まっていた血液ごと体外へと排出されます。

この、着床が起こらずに、子宮内膜が子宮からはがれ、血液と共に体外へ排出される仕組みが生理です。また、生理は人によって血液の量や、生理痛などの程度が異なる場合があります。さらに、平均28日周期で起こるとされている生理ですが、人によっては25日から35日周期で起こるなど、その程度や期間は様々です。

 

なぜ生理痛が酷かったり生理不順になったりの?

生理は毎月女性の体に起こりますが、生理痛や生理不順で悩みを抱えている女性も多いでしょう。生理痛や生理不順は主に

  • 疾患
  • 冷え
  • 更年期・閉経
  • ストレス

など様々な原因が考えられます。

疾患

生理痛や生理不順が起こっているときに一番心配なのは、疾患によるものです。

子宮の病気には、子宮頸がんや、子宮内膜症、子宮体がんなどの病気があります。ひどい生理痛や頭痛、18歳を過ぎても生理が来ない、妊娠していないのに3か月以上生理が来ない場合には、何かしらの病気の可能性があります。

このような心当たりがあれば一度、病院の検査を受診したほうがいいでしょう。

冷え

生理痛や生理不順は体が冷えて血流が悪くなっていることでも起こります。体が冷えるとホルモンのバランスが崩れてしまい、生理痛や生理不順を引き起こす場合があるため、体はなるべく温めておきましょう。

更年期・閉経

40歳を過ぎるころから女性は更年期を迎え、経血の量が減少したり、回数が減ったりと閉経へ向けての準備が始まるため、生理不順などが起こることがあります。

ストレス

睡眠不足や栄養不足、ストレスを抱えている場合にも生理痛、生理不順が起こることがあります。病気でもないし、更年期でもないという女性で生理痛が酷い、生理不順であるという方の多くは、ストレスの影響が関係していることがほとんどです。

生理痛などの原因は、プロスタグランジンという物質が増えることで起こります。

プロスタグランジンは「激しいスポーツなどの身体的ストレス」「仕事などへの精神的なストレス」が影響していて、身体的・精神的なストレスがあるとこのプロスタグランジンを増加させる活性酸素が増加してしまい、生理痛を引き起こします。

また、ホルモンのバランスが崩れることで生理不順を引き起こすこともあります。

活性酸素が増えるとなぜ生理痛が酷かったり生理不順になったりするの?

上記でもお話をしたとおり、生理痛や生理不順の原因に、ストレスによる活性酸素の増加が挙げられます。

ここではより詳しく、活性酸素と生理不順の原因について解説していきます。

活性酸素は、体の中の免疫を調整してくれたり、代謝を調節してくれたりなど、体にとって必要な働きをしてくれています。しかし、活性酸素の働きが強すぎるため、体の中に活性酸素が増えすぎてしまうと、細胞を傷つけて、老化や劣化、病気などの原因となってしまいます。

この活性酸素は、ストレスによっても増加します。例えば、タバコや大気汚染、紫外線や過激な運動といった身体的にストレスを与える環境や行動、または、仕事などへの不安、家族関係などの悩みなどといった精神的なストレスによっても活性酸素は増加します。

活性酸素が増加すると、体内でプロスタグランジンが増加します。このプロスタグランジンは、不要になった子宮内膜や血液を体外へ排出するために重要な役割を果たしていますが、活性酸素によって分泌が過剰になると、子宮の収縮が強くなったり、下腹部の痛みを引き起こしてしまったりして酷い生理痛を引き起こすのです。

また、ストレスや活性酸素の増加によってホルモンのバランスが崩れてしまうと、生理不順を引き起こすこともあります。

 

つらい生理にお悩みなら水素水や水素サプリを取り入れよう

生理痛や生理不順の原因が疾患などではなく、ストレスによって活性酸素が増えてしまうために起こっているとすれば、その原因となっている活性酸素を取り除くことで、生理痛の軽減や、生理不順を改善することができます。

活性酸素を取り除くために効果的なのが、近年人気が高まっている水素です。水素は、生理痛を引き起こしたり、ホルモンバランスを崩したりする恐れのある活性酸素を取り除いてくれる働きがあります。活性酸素が取り除かれることで、生理痛などの原因となるプロスタグランジンの過剰な分泌を防ぐことができます。

水素は主に水素水や水素サプリで体に取り入れることができますが、水素は、非常に小さな細胞にも浸透し、入り込むことができるため、プロスタグランジンを分泌する子宮にも浸透してくれます。

また、水素を取り入れることによって血流が改善され、冷えが原因による生理痛の症状も軽減されることがあります。また、活性酸素が取り除かれることで、ホルモンバランスが崩れにくくなり、生理不順の改善にもつながります。

 

このことからつらい生理に悩んでいる女性は水素を取り入れると良いでしょう。

水素は水素水や水素サプリで摂取することができます。

水素サプリ屋さんでは、水素の摂取方法として特にサプリをおすすめしています。なぜなら水素は粒子がとても小さく、水素水では、容器を開封したときに水素が大気に逃げてしまうからです。

水素サプリは、サプリメントを飲んで体の中で水素を発生させるので、十分に水素の作用を得ることができます。生理でお悩みの方は、ぜひ水素サプリを試してください。

きれいになりたい!水素サプリ一覧

水素サプリは、様々なたいぷのものが多く出されています。

カプセル状のものから、チュアブルタイプのものまで様々です。

そのためどれを選べばいいのかがわからない?という方も多いのでは。

今回は水素サプリのなかでも、人気かつ定番の3商品をご紹介していきます。

プラチナダイヤモンド水素

プラチナダイヤモンド水素が選ばれている理由

  1. 水素サプリNo1の還元力の凄さ!
  2. 水に溶けやすく、早く長く効果が続く!
  3. サンゴを使用していて安心安全!

ナチュラ水素

水素サプリには、精製岩塩・サンゴカルシウム・ゼオライト・フラナガン水素と4種類の原材料によって水素を発生させます。

ナチュラ水素は、その中で「精製岩塩」を利用して水素を発生させます。

先ほどあげた4つの原料の中でも精製岩塩は多くの水素を発生させるといわれており、精製岩塩によって濃度が高い水素を得ることが可能になっています。

ヘルシアーナ水素

 安心の国産原料を使い作り上げられた「ヘルシアーナ水素」

水素発生方法は、サンゴ×牡蠣となっています。そこに相性のいいビタミン成分を含むことで、美容・健康への効果を高めているのが、ヘルシアーナ水素が選ばれている理由です。

-水素水効果

Copyright© 水素サプリ屋さん , 2021 AllRights Reserved.