水素の豆知識

お酒を飲んだときに頼れる水素水

更新日:

日常生活の中で、お酒は身近な嗜好品として定借しています。また、お盆や正月などの帰省、暑気払いや忘年会など、お酒を飲む機会も多いでしょう。そこで心配になってくるのが二日酔いや、肝臓などへの影響といった体の心配です。ここでは、お酒を飲むけれど健康もしっかり意識したい方のために、水素水を取り入れることの効果を紹介していきます。

お酒がもたらす人体への影響

お酒は、毎日の仕事終わりや、帰省、または仕事上での付き合いなど飲む機会がたくさんある人も多いでしょう。お酒を飲むことが楽しみという人もいるでしょうし、付き合いで飲まなければいけない人もいるでしょう。そこで気になるのがお酒による体への影響です。ここではお酒がもたらす体への影響について紹介します。

肝臓への影響

お酒を飲むことの体への影響としてまず思い浮かぶのが肝臓という人も多いでしょう。肝臓は、摂取されたアルコールの90パーセントを分解するという重要な役目を担っています。

しかし、お酒を長年飲み続けていると、脂肪肝、肝炎、肝硬変といった重要な病気へ発展する恐れがあります。症状が深刻になると、全身の倦怠感や食欲不振などの症状が出る場合があります。

消化器系への影響

アルコールを摂取すると必ずアルコールが通過する器官が消化管です。アルコールは、消化器系に影響を及ぼし、胃炎や食道炎などを引き起こすこともあります。

脳への影響

アルコールは脳へも影響を及ぼします。飲酒を続けると、アルコールによって血圧などが上昇し、脳卒中などの病気を引き起こすことがあります。

また、アルコールの影響は直接脳へ及ぶため、脳の萎縮などの症状を引き起こすことがあり、認知症や小脳変性症などを引き起こす可能性があるほか、ビタミンなどの吸収が阻害され、コルサコフ症候群などといった症状を引き起こすことがあります。

お酒の飲みすぎが原因で起こる病気

お酒を飲むことによって、体には様々な症状が出ることがありますが、お酒を飲みすぎるとさらに深刻な症状が出ることがあります。

脂肪肝

まず、お酒を飲みすぎると肝臓に影響が出始めます。まず、肝臓は脂肪肝という状態になります。脂肪肝になっても、症状はほとんど出ないことが多く、そのために、さらに多量の飲酒を続け、肝臓をさらに深刻な病気にしてしまうこともあります。

脂肪肝が進むと、アルコール性肝炎などの病気になります。この状態になることでやっと体に症状が出始めます。アルコール性肝炎などに症状が進むと、発熱や腹痛などを起こすようになり、さらに病気が進行すると、末期の状態である肝硬変へと進んでしまいます。

高血圧

さらに、循環器系にも影響が及びます。アルコールを多量に摂取すると、血圧が上がり、高血圧と呼ばれる状態になります。高血圧の状態が続くと、心臓や脳に影響が及び、脳卒中やくも膜下出血、心筋梗塞、心不全などを引き起こします。

また、すぐに深刻な症状が出るこれらの病気以外にも、アルコールの多量摂取が続くことで深刻な影響を体に引き起こす生活習慣病になる恐れも出てきます。アルコールを多量に摂取すると、アルコールの分解の際に血糖値への影響を及ぼし、インスリンの分泌の低下、ビールなどに含まれるプリン体の過剰摂取による影響が出てきます。

そのため、高脂血症や、高血圧、痛風や糖尿病、アルコール依存症になることもあります。

お酒の飲みすぎに水素がなぜよいのか?

飲みすぎたりすることによって体に多大な影響を及ぼすお酒ですが、ストレス解消や毎日の楽しみとしてお酒をやめたくない、あるいはやめられない人もいるでしょう。また、お酒はやめられないけれど、少しは体のことを考えたいという人もいますよね。

そこで、近年お酒を飲む人から人気が高まっているのが、水素水などによって、水素を取り入れることです。

アルコールを摂取すると、体の中でアルコールを分解しようとする働きが起こります。しかし、アルコールは分解されるときに多量の水分を使うため、水分不足の状態を引き起こします。

水分不足が起こると頭痛や倦怠感などを引き起こす場合があります。また、二日酔いなどを引き起こすアセトアルデヒドと呼ばれる有害物質がアルコールの分解時に発生し、それに反応して体の中に悪玉活性酸素が生まれます。悪玉活性酸素は体の酸化を招き、病気を招くほか、老化を早めることにもつながります。

しかし、水素を体に取り込むことで、これらの症状を抑えることができます。悪玉活性酸素は吸着力が強く、ギザギザした形をしているため、体の中に取り込まれた水素と結合しやすく、悪玉活性酸素と水素が結合すると、体には無害な水へと変化するのです。

お酒好きな人におすすめする 水素水・水素サプリメント

アルコールを分解するときに発生する悪玉活性酸素を無害な水に変化してくれる水素ですが、水素を摂取する機会が無かったり、方法がわからなかったりする方もいると思います。

ここでは、手軽に水素を取り入れることのできる方法について紹介します。

水素水

水素を手軽に摂取することができるものとして、水素水が挙げられます。水素水は美容や健康を意識した人から人気が高まっているもののひとつです。

水素水は、水素ガスと呼ばれるガスを水の中に溶かし込んで作られたもので、様々なメーカーが販売しているため、手に取りやすく、手軽に水素を取る方法として優れています。

水素水は味も水と変わりがなく、それほど意識をしなくとも日常の水分補給としても手軽に水素を摂取することができます。そのため、面倒くさがりの人でも簡単に続けることができます。

水素サプリ

また、水素を取り入れる方法として、水素サプリが挙げられます。水素サプリは小さい粒なので、飲みたいときに手軽に摂取することができますし、また、水素水と違ってかさ張らないため、持ち運んで外出先などでも摂取することができます。

また、水素サプリならば、水を飲むのが苦手な人や、あまり水を飲む習慣がない人、水素水を置いておく場所がない人でも簡単に身近に置いておくことができるためおすすめです。

お酒を飲むためには健康な体が大切です。楽しく健康的にお酒を飲むためにも、飲みすぎには気を付けて、水素水や水素サプリなどを取り入れてお酒の影響がなるべく体に及ばないようにしましょう。

きれいになりたい!水素サプリ一覧

水素サプリは、様々なたいぷのものが多く出されています。

カプセル状のものから、チュアブルタイプのものまで様々です。

そのためどれを選べばいいのかがわからない?という方も多いのでは。

今回は水素サプリのなかでも、人気かつ定番の3商品をご紹介していきます。

プラチナダイヤモンド水素

プラチナダイヤモンド水素が選ばれている理由

  1. 水素サプリNo1の還元力の凄さ!
  2. 水に溶けやすく、早く長く効果が続く!
  3. サンゴを使用していて安心安全!

ナチュラ水素

水素サプリには、精製岩塩・サンゴカルシウム・ゼオライト・フラナガン水素と4種類の原材料によって水素を発生させます。

ナチュラ水素は、その中で「精製岩塩」を利用して水素を発生させます。

先ほどあげた4つの原料の中でも精製岩塩は多くの水素を発生させるといわれており、精製岩塩によって濃度が高い水素を得ることが可能になっています。

ヘルシアーナ水素

 安心の国産原料を使い作り上げられた「ヘルシアーナ水素」

水素発生方法は、サンゴ×牡蠣となっています。そこに相性のいいビタミン成分を含むことで、美容・健康への効果を高めているのが、ヘルシアーナ水素が選ばれている理由です。

-水素の豆知識

Copyright© 水素サプリ屋さん , 2021 AllRights Reserved.