水素水ランキング

ルルドハイドロフィクスと水素サプリメントを徹底比較

更新日:

みなさんは、水素水サーバー「ルルド」の新商品である「ルルドハイドロフィクス」をご存知でしょうか?

ルルドハイドロフィクスは、新たに水素ガス吸入機能を追加したことで大きな反響を呼びました。水道水の浄水機能を持ち水道水をそのまま使用できるという点が今までのルルドと違うところのひとつです。

さらに、追い炊き機能の追加により水素濃度を1.2ppmで維持できるようになり、旧ルルドに比べ大幅に改善されました。

人気のルルドハイドロフィクスは、具体的にはどんな特徴があるのでしょうか?

ルルドと機能を比較してその特徴をまとめてみました。

ルルドとルルドハイドロフィクスの違い

ルルドとルルドハイドロフィクスは「水素吸入機能」と「オゾン水生成機能」という機能に違いがあります。

水素吸入機能とは、水素を発生させているタンク部分から水素ガスを直接吸入することができる機能のことです。

 

オゾン水生成機能とは、殺菌作用が非常に強いオゾン水を作る機能のことで、これによってタンクの殺菌などメンテナンスが可能です。

 

また、ルルドとルルドハイドロフィクスは、メーカー製造元が異なることも違いとして挙げられます。

 

ルルド:ビューティーステーション株式会社(中国・韓国)

ルルドハイドロフィクス:エイチツーファクトリー株式会社(日本)

 

ルルドは、中国・韓国製のものも並行輸入品として存在していましたが、ルルドハイドロフィクスは純日本製となっています。

 

ルルド(旧タイプ) ルルドハイドロフィクス(新タイプ)
機能 オゾン水生成機能 水素吸入機能
生成時間 30分 30分(時短モードで10分)
水素濃度 〜1.2ppm 1.2ppm以上
容量 1.8L 1.5L
価格(税込) 159,840円 160,704円
製造国 日本、中国、韓国 日本

 

ルルドとルルドハイドロフィクスの共通点

 

ルルドとルルドハイドロフィクスの共通点としては「分離生成方式」が挙げられます。

 

分離生成方式とは、水素を作り出す工程で酸素(オゾン)を使わない方式のことです。

水素を発生させるには、電気分解方式と分離生成方式があり、電気分解方式よりも分離生成方式のほうが純度の高い水素水を生成できます。

 

水の電気分解とは、水(H2O)に+極と−極の電極をつけ、電気を流すことで水を分解します。+極から酸素(O2)、−極から水素(H2)を取り出す方法です。

 

2H2O (水) → 2H2 (水素) + O2(酸素)

 

電極に水を通すことで水の一部を水素と酸素に分解し、水素水を作ります。

しかし、この電気分解方式では、電極(金属)を水に直接入れるため、金属が水の中に溶け出してしまう恐れがあります。

また、水質がアルカリ性に傾いてしまうという危険もあります。

 

そのため、ルルドシリーズでは酸素を使わない「分離生成方式」を採用し、結果純度99.5%という質の高い水素水が生成できるのです。

 

ルルドハイドロフィクスがおすすめの人

 

ルルドハイドロフィクスは、「水素吸入と水素水の両方を利用したい」、「純日本製にこだわりたい」という方におすすめです。

 

ルルドハイドロフィクスだけの新機能として、水素吸入機能があります。

水素水の場合、水の飽和濃度までしか水素を溶かすことができませんが、水素ガスを直接吸入することで、より多くの水素を体に取り入れることが可能です。

ただし、利用するには水素ガス吸入用のスターターキットを購入する必要があります。

 

また、ルルドハイドロフィクスは、ルルドよりも「水素濃度」と「追い炊き機能」が機能的に優れています。

ルルドハイドロフィクスは1.2ppm”以上”の水素水を生成し、旧ルルドの”最大”1.2ppmと比べ、水素水生成能が高くなっています。

 

そして、製造元のメーカーが中国や韓国だとリスクであると考える方には純日本製のルルドハイドロフィクスが安心です。

海外製だと故障時の対応が受け付けられない、消耗品を購入することができないといった問題がありますが、国内製であればそういった問題もありません。

 

ルルドハイドロフィクスのランニングコスト

高機能のルルドハイドロフィクスですが、長期間使用していると徐々に部品が劣化し水素発生能が低下してきます。

そうすると、浄水フィルターやカートリッジの定期的な交換が必要となってきます。

ルルドハイドロフィクスは、年間どの程度ランニングコストがかかるのでしょうか?

 

・浄水フィルター・・・4ヶ月に1回(税込:3,888円)/4ヶ月(水道水使用不可)

※水道水使用の場合、水道水内に含まれる不純物を除去するためのフィルターが必要になります。

・カートリッジ・・・1年に1回(税込:4,298円)/12ヶ月3,056円(税込)

※電気分解型の水素水生成器には通常、1年毎にカートリッジの交換が必要になります。

 

・クリーニングサービス・・・本体内部の細かな汚れを取るために必要です。(税別:8,400円~)

・オーバーホールサービス・・・2年に1度を目安に分解点検が推奨されています。(税別:12,000円~)

 

ルルドもルルドハイドロフィクスも、耐久年数は5年を推定されており、保証期間も5年となっています。

 

低予算から始めるなら水素サプリメント

ルルドやルルドハイドロフィクスのように、自宅やオフィスで高濃度水素水を飲むことができたら素晴らしいですよね。

しかし、費用の面で購入を迷っている方も多いのではないでしょうか。

高濃度水素を体内に取り込むことで、本当に実感できる効果があるのか、まずは試してみることをおすすめします。

ルルドハイドロフィクスを購入する前に、水素サプリメントで水素の効果を体験してみませんか?

どのサプリメントを選べばよいかわからないという方は、以下のサプリメントから始めてみてもいいかもしれません。

 

プラチナダイヤモンド水素

 

水素サプリNo1の還元力の凄さで、水に溶けやすく、早く長く効果が続きます。

自然素材のサンゴを使用していて安全です。

 

・原材料:水素サンゴカルシウム100% ゼラチン

・お召し上がり方 :1日3~6カプセルを目安に、水などといっしょにお召し上がりください。

 

ナチュラ水素

水素サプリには、精製岩塩・サンゴカルシウム・ゼオライト・フラナガン水素と4種類の原材料によって水素を発生させます。

ナチュラ水素は、その中で「精製岩塩」を利用して水素を発生させます。

・原材料:岩塩・マイクロクラスター(フラナガン水素)・ゼオライト

・お召し上がり方:1日1~3カプセルを目安に、水などといっしょにお召し上がりください。

 

 

きれいになりたい!水素サプリ一覧

水素サプリは、様々なたいぷのものが多く出されています。

カプセル状のものから、チュアブルタイプのものまで様々です。

そのためどれを選べばいいのかがわからない?という方も多いのでは。

今回は水素サプリのなかでも、人気かつ定番の3商品をご紹介していきます。

プラチナダイヤモンド水素

プラチナダイヤモンド水素が選ばれている理由

  1. 水素サプリNo1の還元力の凄さ!
  2. 水に溶けやすく、早く長く効果が続く!
  3. サンゴを使用していて安心安全!

ナチュラ水素

水素サプリには、精製岩塩・サンゴカルシウム・ゼオライト・フラナガン水素と4種類の原材料によって水素を発生させます。

ナチュラ水素は、その中で「精製岩塩」を利用して水素を発生させます。

先ほどあげた4つの原料の中でも精製岩塩は多くの水素を発生させるといわれており、精製岩塩によって濃度が高い水素を得ることが可能になっています。

ヘルシアーナ水素

 安心の国産原料を使い作り上げられた「ヘルシアーナ水素」

水素発生方法は、サンゴ×牡蠣となっています。そこに相性のいいビタミン成分を含むことで、美容・健康への効果を高めているのが、ヘルシアーナ水素が選ばれている理由です。

-水素水ランキング

Copyright© 水素サプリ屋さん , 2021 AllRights Reserved.