水素水効果

高血圧でお悩みの方は水素水や水素サプリを取り入れよう

更新日:

最近水素水はブームで様々な人に飲まれています。特に健康のために飲んでいる方も少なくないのではないでしょうか。

「水素水は健康にいいのか?」そして「水素水は高血圧にも聞くと言うが本当なのか?」これらの疑問について今回は解説していきます。

高血圧の原因って?

簡単に高血圧について説明をすると、高血圧というのは大きく二種類に分けられます。

「本態性高血圧」「二次性高血圧」です。

 

二次性高血圧とは

二次性高血圧とは名称からも少し予想できるとは思いますが、二次災害のようなものでほかの病気が原因となって高血圧を引き起こしているという状態です。しかしこの二次性高血圧というのは高血圧の人の一割程度しか存在していません。

 

あとの9割が本態性高血圧に該当します。

 

本態性高血圧とは

本態性高血圧というのは、明らかな原因が不明の高血圧です。食生活の乱れや飲酒、喫煙など生活習慣の乱れがつながっているのではないかと思われていますが定かではありません。

 

しかし、原因はわかってはいないものの血圧が高くなる要因はわかっているようです。

それは、先ほど出てきた「生活習慣の乱れ」「遺伝」「加齢」が高血圧に大きくかかわってきている要因だと判明しています。

 

遺伝と加齢は、自分ではどうすることもできないし、対策も何もできないので仕方がありませんが、あとの生活習慣の乱れという部分で努力することはできますよね。栄養を取る場面では高血圧になるべく効くといわれているものを摂取するのも一つの手段だと思います。

 

高血圧が引き起こすリスクのある病気

高血圧というのは体のどこかに不調が出るわけでもなく、自覚症状はないに等しいので気付かないこともあります。

高血圧をそのままにしておくと高血圧がほかの病気を引き起こす可能性があります。

ここでは、高血圧が引き起こすリスクのある病気についてまとめていきます。

 

脳卒中

脳卒中というのは大きく分けて三つの種類があり、「脳梗塞」、「脳出血」、「くも膜下出血」の三種類があります。

 

また高血圧の状態が続くことで心臓の疾患につながる病気も併発しがちです。

例えば高血圧により血管が傷つくことで傷ついた血管の中にコレステロールがたまっていきます。これこそが動脈硬化で、この動脈硬化が進んでいくことによって心臓へ必要な栄養素や酸素が届きにくくなり「狭心症」を起こします。

 

心筋梗塞

さらに心臓付近の血管が動脈硬化で詰まりやすくなることで心臓の細胞が死にます。これを「心筋梗塞」といいます。

また心不全も起こす可能性があり、心不全とは心臓の働きが弱まることで全身まで血液を循環させられなくなっている状態を指します。

 

このように高血圧は様々な病気のリスクがあります。そして自覚症状がないので定期的に病院に行って審査をしてもらう事も重要です。

 

高血圧の予防方法

高血圧はではどのように予防したらいいのか?説明していきたいと思います。

食生活の改善、生活習慣の改善をすることが高血圧の予防になりますがでは具体的にどのように改善していったらよいのでしょうか?

 

食生活

まず食生活です。

食事をするうえで塩分は欠かせませんよね。単純に塩やしょうゆ、みそ味などをくっきり決めるものに入っていますよね。

 

ですが病院でもよく言われるように高血圧の方は塩分を控えるほうが良いです。血管中に含まれた塩分を下げるために体の中では動くため心臓に負担がかかります。心臓に負担がかかると当然ながら血圧が上がりますのでできるだけ避けることが吉です。

 

次に、糖分が高血圧の原因です。当分は果物や炭水化物系のお米やパンなどにも含まれています。糖を取りすぎると体内で高血糖状態になり、すると血液がだんだんドロドロになっていき高血圧の原因につながります。過剰摂取は厳禁ですね。

 

次に油が高血圧の原因です。人間は油分を含む食品、食べ物をおいしいと感じる傾向があるため摂取しがちですがこれも非常に気を付けたほうが良いものとなっております。特にスナック菓子や、揚げ物、ラーメンなどなどあらゆるおいしいものに入っています。

 

運動

また、高血圧を予防するのに運動も重要となってきます。

運動とは適度な運動のことです。ですので目安としては、一日30分程度の無理のない運動をすることを習慣にすることによって強い心臓や血管となり、予防ができるということです。

 

「水素が高血圧の予防に有効」と考えられるわけ

水素水が流行りましたが、水素は高血圧の予防に良いとよく耳にします。

果たして本当なのか、なぜ水素が高血圧に聞くのかを説明していきます。

 

水素の身体への効果

まず水素の体への効果です。水素は体内の活性酸素を除去してくれます。活性酸素が体内にたくさんあることで動脈硬化を起こしやすいのですが、水素にはこの活性酸素を取り除いてくれる機能があるのでしっかりと高血圧予防に貢献しています。

 

ストレスなどでも体内の活性酸素が増加したりするので、温泉で入浴した後に水素水を飲むというのもよくありますが、ストレスを発散してさらに水素を取り込むという意味で理にかなっているのかもしれませんね。

 

さらに水素には血液をサラサラにしてくれる効果もあります。血液サラサラな体でいることで動脈硬化を防ぎ高血圧予防になります。

実際に水素水を飲むことで血圧が下がったという実例もあるみたいです。200だった数値が180に減少するなど、水素水の力は侮れません。水素水の実験は2010年に東京大学で行われたようですが、実際に数値が下がるなどちゃんとした研究のほうでも結果が出ていますので信頼度は高いと思います。

 

以上のことから水素は高血圧の予防につながることが判明しました。日ごろから生活習慣を見直し、食生活も気を付けながら水素を取り入れることによって高血圧が防げるかもしれませんね。

 

水素を摂るならサプリがおすすめ

水素を摂取するのであれば、サプリがおすすめです。サプリは手軽に持ち運びできるほか、体内で水素が発生するため、気化することなく水素を取り入れることができます。さきほどご覧いただいた水素の効果を、小さなサプリで確実に摂取できます。

 

健康を考えるのであれば、積極的に水素サプリを活用してみてはいかがでしょうか。

 

きれいになりたい!水素サプリ一覧

水素サプリは、様々なたいぷのものが多く出されています。

カプセル状のものから、チュアブルタイプのものまで様々です。

そのためどれを選べばいいのかがわからない?という方も多いのでは。

今回は水素サプリのなかでも、人気かつ定番の3商品をご紹介していきます。

プラチナダイヤモンド水素

プラチナダイヤモンド水素が選ばれている理由

  1. 水素サプリNo1の還元力の凄さ!
  2. 水に溶けやすく、早く長く効果が続く!
  3. サンゴを使用していて安心安全!

ナチュラ水素

水素サプリには、精製岩塩・サンゴカルシウム・ゼオライト・フラナガン水素と4種類の原材料によって水素を発生させます。

ナチュラ水素は、その中で「精製岩塩」を利用して水素を発生させます。

先ほどあげた4つの原料の中でも精製岩塩は多くの水素を発生させるといわれており、精製岩塩によって濃度が高い水素を得ることが可能になっています。

ヘルシアーナ水素

 安心の国産原料を使い作り上げられた「ヘルシアーナ水素」

水素発生方法は、サンゴ×牡蠣となっています。そこに相性のいいビタミン成分を含むことで、美容・健康への効果を高めているのが、ヘルシアーナ水素が選ばれている理由です。

-水素水効果

Copyright© 水素サプリ屋さん , 2021 AllRights Reserved.