水素水効果

肝臓の病気予防や健康を保つなら水素を取り入れよう

更新日:

最近「なかなか疲れがとれない。」「寝てもだるい」という状態が続いていませんか?

もしかしたらその疲れは、肝臓の調子が悪くなっていることが原因かもしれません。肝臓は様々な原因で疲れが溜まりやすく、肝機能低下すると、体の不調につながります。

このように肝臓に不安を感じている方は、水素をおすすめします。水素を取り入れることによっては、肝臓の働きを回復させて、元気な生活を過ごすのに役立ちます。

今回は肝臓の働きから、水素を取り入れることで肝臓にどのように作用するかについてお話していきます。

肝臓はどのような働きをしているの?

肝臓は、肋骨の内側の横隔膜の下にあり、人体で一番大きな臓器で、重さは男性約1400g、女性約1200gあります。この肝臓は、人体に欠かすことのできない様々な機能を持っています。

まず、肝臓には三大栄養素である、炭水化物(糖質)、タンパク質、脂質を体に取り込んだり、蓄えたり、エネルギーが足りない際に溜めたエネルギーを解放するといった機能があります。さらに、体内に入ってきた毒素を無毒な物質に変換してくれる解毒作用があります。

例えば、お酒を飲んでアルコールを摂取します。体内に入ってきたアルコールは、肝臓で解毒されて、無毒な物質に変換された後、体外へと出ていきます。この作用がないと、いつまでも体内に有毒なアルコールが残ったままになり、人体にダメージを与えてしまいます。

 

非常に重要な臓器である肝臓ですが、「沈黙の臓器」といわれています。

その理由は、肝臓には、高い再生能力と抵抗力があるからです。多少のダメージでは、残った正常な細胞がフォローして働くので、肝臓として必要な機能が維持され、少しくらいの異常では不調になりにくいという特徴があります。そのため、症状が出た時には、肝臓の病気がかなり進行してしまっているということも珍しくありません。

 

肝臓が弱くなる原因

肝臓の機能が弱くなると、体はさまざまな 不調を起こします。

その代表的な不調に挙げられるのが「疲れ」や「倦怠感」です。

肝臓の働きが低下すると、体内でのエネルギーの変換、蓄積、その使用のサイクルがうまくいかなくなります。その結果、エネルギー不足になり、疲れやすくなってしまいます。

また、毒素の分解機能も低下していくことになり、いつまでも体内に毒素が残っている状態になります。これが、疲労感やだるさの原因になります。

そして、消化を助ける胆汁を作る機能も低下するので、食事からエネルギーを取り出す効率も低下し、さらに疲れていくという悪循環に陥ります。

肝臓の働きを低下させる原因としては「たばこ」「飲酒」「ストレス」などが、挙げられます。まず、「たばこ」には、ご存知のとおり、ニコチン・タールが含まれています。タバコの煙を吸って、肺から血液中に取り込まれたニコチン・タールは、人体にとっては有毒なものです。そのため、肝臓での分解が行われます。この際、毒素を分解自体で肝臓が疲労していく他、毒素の分解の過程で、体内の細胞や組織と結びついて酸化させ、老化や劣化を早めさせる「悪玉活性酸素」というものが大量に作られます。この悪玉活性酸素が、肝臓にさらにダメージを与えます。これは、「アルコール」を分解する際も同じで、アルコールを分解することで、肝臓が疲労するとともに、その過程で発生した悪玉活性酸素が肝臓にさらにダメージを与えます。

その他にも、ストレスも脳の自律神経に影響を及ぼし、肝臓の機能を低下につながり、ストレスが多くなると悪玉活性酸素が増加するので、肝臓が弱くなる原因になってしまいます。

水素を飲むことで肝機能低下を回復させる

人体のあらゆる細胞の中には、ミトコンドリアという細胞小器官が存在しています。

このミトコンドリアは、体内に取り入れた糖質と、呼吸で取り入れた酸素をエネルギーに変換して細胞の活動のエネルギーを供給しています。このエネルギーを作る過程で、酸素が体内の電子と反応して活性酸素が発生します。

体内で発生する活性酸素にはすべてが有害な訳でじゃなく「良いもの」と「悪いもの」で大きく2つに分けられます。良い活性酸素は、体の中の菌やウイルスを体外に除去する働きがあり免疫機能として体内で活躍しています。これを「善玉活性酸素」といいます。

この善玉活性酸素は体に不可欠なもので、病気などから体を守ってくれます。

その一方、問題となるのが「悪玉活性酸素」です。

悪玉活性酸素は細胞、組織や遺伝子を酸化させ、劣化させる働きがあり、体内で溜まってしまうと老化や体の不調の原因となります。

また、この悪玉活性酸素が肝臓に溜まってしまうと、肝機能低下の原因にもなります。

そこで、この悪玉活性酸素は水素を取り入れて除去するようにしましょう。

水素はなぜ悪玉活性酸素活性酸素の除去に役立つの?

水素は抗酸化作用に優れた成分で、体内に取り入れると体のサビの除去に働きます。

先ほどお伝えしたように、活性酸素は「善玉」と「悪玉」がありますが、体の細胞をサビさせてしまうのは「悪玉活性酸素」です。そのため、水素を取り込めば、体の細胞をサビさせてしまう悪玉活性酸素だけを除去することができます。

腎臓は「タバコ」「お酒」「ストレス」など様々な影響により、悪玉活性酸素が溜まりやすい臓器のひとつです。

腎臓がサビてしまいったり、老化してしまったりすると、疲れや倦怠感の原因になりますので。水素を活用して、悪玉活性酸素を除去し、健康的な腎臓に保つようにしましょう。

肝臓に不安がある人は水素水・水素サプリを飲もう

肝臓は、エネルギーの供給、毒素の分解、など、体の機能のなかでもとても大切な役割を果たしています。そのため、肝機能の低下が起こると、体は疲れやすく、毒素が体内に残りやすくなり、体調不良になりやすくなります。

そのため、「タバコをたくさん吸う人」「アルコールをたくさん飲む人」「ストレスの多い人」などは、肝臓の健康に気を付けるようにしましょう。

 

そして、肝臓の健康を意識するなら水素の抗酸化作用がおすすめです。水素を体内に取り入れる方法には、主に市販の「水素水」を飲む方法と、「水素サプリ」を摂取する方法の二つがあります。

水素水は最近、コンビニなどでも販売されていて、購入のしやすさがあります。しかし、水素はとても小さな粒子という特性があるので容器を開封した後に大気に逃げてしまい十分に水素を摂取することができないという特徴もあります。

そのため「、水素を体に取り入れたい!」という方は、水素サプリをおすすめします。

水素サプリは、体内に摂取した後、消化器官内部で水素を発生させるので、十分に水素の作用を吸収することができます。また、サプリは持ち運びにも優れていて、荷物にならないので、いつどこでも飲めるというメリットもあります。

「最近肝臓が疲れているかも。」「健康的に毎日過ごしたい。」と思われている方は、ぜひ水素サプリをお試しください。

きれいになりたい!水素サプリ一覧

水素サプリは、様々なたいぷのものが多く出されています。

カプセル状のものから、チュアブルタイプのものまで様々です。

そのためどれを選べばいいのかがわからない?という方も多いのでは。

今回は水素サプリのなかでも、人気かつ定番の3商品をご紹介していきます。

プラチナダイヤモンド水素

プラチナダイヤモンド水素が選ばれている理由

  1. 水素サプリNo1の還元力の凄さ!
  2. 水に溶けやすく、早く長く効果が続く!
  3. サンゴを使用していて安心安全!

ナチュラ水素

水素サプリには、精製岩塩・サンゴカルシウム・ゼオライト・フラナガン水素と4種類の原材料によって水素を発生させます。

ナチュラ水素は、その中で「精製岩塩」を利用して水素を発生させます。

先ほどあげた4つの原料の中でも精製岩塩は多くの水素を発生させるといわれており、精製岩塩によって濃度が高い水素を得ることが可能になっています。

ヘルシアーナ水素

 安心の国産原料を使い作り上げられた「ヘルシアーナ水素」

水素発生方法は、サンゴ×牡蠣となっています。そこに相性のいいビタミン成分を含むことで、美容・健康への効果を高めているのが、ヘルシアーナ水素が選ばれている理由です。

-水素水効果

Copyright© 水素サプリ屋さん , 2021 AllRights Reserved.