水素の豆知識

水素水を飲んで腹痛が起こる原因は何?腹痛を抑える水素の摂取方法

更新日:

体内の有害な悪玉活性酸素を効果的に除去する水素は、水素水や水素サプリなどで体に取り入れることができます。病気の予防・老化防止に役立つ水素は、「健康的な体を保ちたい人」「美容意識が高く若々しくいたい人」などに、とても人気が高いことでも有名です。

ただ、水素水を飲むと腹痛になってしまうという人もいるのではないでしょうか。

水素は食品添加物として厚生労働省にも認められているほど安全性の高い物質ですが、水素水を飲んで腹痛を起こしてしまうということが度々報告されています。

では、なぜ水素水を飲むと腹痛が起きてしまうのでしょうか。今回は、「腹痛の原因」と「腹痛を起こしにくいお腹にやさしい飲み方」についてまとめていきたいと思います。

水素水を飲むと腹痛になるのはなぜ?

水素水を飲んでいるすべての人に現れる症状ではないですが、水素水を飲んだ後に、腹痛になってしまう人がいます。腹痛になってしまう人の中には「自分は水素水が体に合わないのかもしれない。」と思われている人もいるでしょう。

しかし、水素水を飲んだ後に腹痛になるのは、特別なことではありません。そのため、個人差はありますが、腹痛になることは珍しいことではないといえるでしょう。

水素水を飲んで腹痛になる原因は主に

  • 飲み方が原因となる場合
  • 水素特有の症状

の2つが挙げられます。

では、それぞれの原因について解説していきます。

水素水の飲み方が悪いと腹痛になることがある

水素水に限らず水の飲み方に原因がある場合、腹痛になることがあります。

例えば、暑い夏などは喉が渇くと冷たい水を飲みたくなるものですが、冷えた飲み物を一度に大量に飲むと腹痛や下痢を起こすことがあります。冷たい飲み物を飲んだ場合に限らず、冷房や薄着の影響でお腹が冷えられた場合でも同様の症状が出ることがあります。

なぜ冷えると腹痛になるかというと、腹部が冷えられて腸の血流が悪くなると腸管の水分吸収と水分排出のバランスが崩れてしまうからです。腸の蠕動運動が促されるために腹痛や下痢が起きると考えられています。

人間汗や尿の形で大量の水分が排出されているため、特に汗をかきやすい夏場や運動時はその都度水分補給をしないと脱水症状を起こしてしまいます。とはいえ必要以上の水を飲み過ぎても腹痛の原因となりますので、大量の汗をかいたとき以外の水分補給はほどほどにしなければなりません。

体に必要な水分は腸内で消化物の中から適量が吸収されていますが、腸の吸収能力を上回る水を飲んでしまうと便が緩くなって下痢や腹痛の原因となります。

余分に摂取した水は腸から吸収された後に尿として排出されますが、腸の吸収能力にも限度があります。このように水素水は飲み過ぎることで腹痛になることが考えられます。

水素水は好転反応で腹痛になることもある

上記では、水素水に限らず水そのものが原因で起きる腹痛の例のお話をしました。しかし、一度に大量の冷たい水素水を飲んでいる訳ではないのに腹痛が起きるとすれば別の原因が考えられます。

その原因は、水素水特有の作用が関係しています。

ここでは主に、

  • マグネシウム
  • 好転反応

の2つの原因が挙げられます。

それでは、それぞれについて解説していきます。

水素水のマグネシウムによる腹痛

水素水には、ペットボトル・パウチ・スティックなどいくつかの種類があります。

この種類の中で、腹痛と関係が深い水素水はスティックタイプの水素水です。

スティックタイプは自分で水素水を作れるの商品です。

水素を発生させる原理としては、水素水スティックの中には「金属マグネシウム」が入っていて、マグネシウムと水が化学反応することによって水素が生成します。

この水酸化マグネシウムは作用の緩い下剤としても使われていることもあり、お腹が緩くなる作用を持つ物質があります。そのため、スティックで水素水を作って飲んでいる人は腹痛を起こしてしまうという報告も挙げられています。

好転反応による腹痛

スティックタイプ以外のペットボトルやパウチなどの水素水でも、腹痛が起きる場合があります。この場合の腹痛は好転反応が原因による可能性が高いです。

好転反応というのは、溜まっていた老廃物の排出などに伴う一時的な反応のことです。これは水素に限らず起こることで、例えば投薬や鍼灸治療に対して身体が良い方向に転じる際には、一時的に発熱や下痢といった症状となって表れることがあります。もちろん、水素水を飲んだ場合でも同様の好転反応が起きることがあります。

特に便秘体質の人は水素のデトックス効果によって腸内に溜まっていた老廃物や有害物質が一度に排出されようとするため、水素水を初めて飲んだ場合に腹痛や下痢の症状が表れやすくなります。

このような好転反応に伴う症状は1週間から、長くても3週間ほどで収まるのが普通です。その時期が過ぎれば身体の反応も落ち着き、水素水を飲み続けても腹痛は起きにくくなります。

腹痛を抑える水素水の飲み方

好転反応が原因で腹痛が起きているのであれば水素が体に合わないという訳ではないので、続けて飲んでも問題ありません。むしろ、特に便秘気味な人にとっては体が良い変化に代わっている予兆なので、引き続き飲むことをおすすめします。

しかし、お腹が痛くなったり下痢が続いたりするのは苦しいと感じる人もいるでしょう。腹痛のつらさに耐えられずに水素水を飲むのをやめてしまう人も少なくありません。

そのような人は一度に飲む水素水の量を少なくして、水素を身体に少しずつ慣らしていくような感覚で飲むようにすると腹痛を抑えることができます。

一度に大量の水素水を飲みすぎて腹痛を起こした場合なども、同様に飲む量を調節することで改善は可能です。飲む量を少なくすることで水素による活性酸素除去効果は低くなりますが、少量ずつでも長く継続させることで徐々に体質を改善する効果が出てきます。

また、お腹を冷やすと腹痛の原因になるからいって、水素水を温めて飲むのはおすすめできません。水素水の温度を上げると水に溶け込んでいた水素の運動が活発になり、ただでさえ抜けやすい水素が余計に蒸発しやすくなるのです。

また、スティックタイプの商品は低コストで高濃度の水素水を作れる点が人気のひとつですが、水酸化マグネシウムの作用で腹痛が起きる場合は、他の自分に合った水素関連商品に変えて水素を摂取すると良いでしょう。

水素水で腹痛が起こるなら水素サプリがおすすめ

水素を取り入れる方法としては水素水が最も一般的とはいえ、水素水には以上のような問題点もあります。必ずしも水素そのものが腹痛の原因とは限りませんが、水に溶け込める水素の量にも限界があるものです。

どれだけ高濃度の水素水であっても、体中の活性酸素を除去するのに十分な量の水素を摂取しようと思えば、ある程度の量の水も同時に飲まなければなりません。

水素水で腹痛を起こしている人の中でも、水素による好転反応ではなく水の飲み過ぎや胃腸の冷えが腹痛の原因となっている例もあります。活性酸素の除去と同時に慢性的な便秘など体質改善したいという人には水素水が向いていますが、腹痛が心配という方は水素サプリをおすすめします。

水素サプリは水素と一緒に大量の水を飲む必要がなく、1個で高濃度水素水1リットル分に相当する水素を摂取できる商品もあります。ビタミンやDHAなどと同じようにして水素もまたサプリメントとして商品化されており、体内で水素を発生させるカプセル入りの錠剤という形で手軽に飲めるように工夫されているのです。

これまでに水素水を試しながら腹痛に悩まされてリタイヤした経験を持つ人や、日頃からお腹が緩くて大量の水を飲むのが不安だという人には、ぜひ水素サプリを試してみてください。

きれいになりたい!水素サプリ一覧

水素サプリは、様々なたいぷのものが多く出されています。

カプセル状のものから、チュアブルタイプのものまで様々です。

そのためどれを選べばいいのかがわからない?という方も多いのでは。

今回は水素サプリのなかでも、人気かつ定番の3商品をご紹介していきます。

プラチナダイヤモンド水素

プラチナダイヤモンド水素が選ばれている理由

  1. 水素サプリNo1の還元力の凄さ!
  2. 水に溶けやすく、早く長く効果が続く!
  3. サンゴを使用していて安心安全!

ナチュラ水素

水素サプリには、精製岩塩・サンゴカルシウム・ゼオライト・フラナガン水素と4種類の原材料によって水素を発生させます。

ナチュラ水素は、その中で「精製岩塩」を利用して水素を発生させます。

先ほどあげた4つの原料の中でも精製岩塩は多くの水素を発生させるといわれており、精製岩塩によって濃度が高い水素を得ることが可能になっています。

ヘルシアーナ水素

 安心の国産原料を使い作り上げられた「ヘルシアーナ水素」

水素発生方法は、サンゴ×牡蠣となっています。そこに相性のいいビタミン成分を含むことで、美容・健康への効果を高めているのが、ヘルシアーナ水素が選ばれている理由です。

-水素の豆知識

Copyright© 水素サプリ屋さん , 2021 AllRights Reserved.