水素水効果

水素水を飲んで動脈硬化を予防しよう

更新日:

狭心症、心筋梗塞、脳卒中など命にも関わる病気の原因には、動脈硬化が大きく関わっています。動脈硬化を予防するにはさまざまな方法が考えられますが、「水素」を利用するのもそのひとつです。

今回は、動脈硬化の原因から、水素を利用し動脈硬化を予防する方法について詳しく解説します。

動脈硬化の原因

動脈硬化は、血管(動脈)にコレステロールなどが溜まり、血液が流れにくくなったり、血管が硬く脆くなったりする状態のことです。

主に、食生活など日頃の生活習慣や精神的・心理的なストレスなどが影響し、少しずつ進行していきます。

食生活による動脈硬化

食生活の乱れといっても様々な原因があります。

例えば、

  • 野菜が不足した食生活を続けている。
  • 肉や加工食品、インスタント食品など炭水化物や脂肪が多く摂り過ぎてしまう。
  • アルコールの飲み過ぎや、塩分の摂り過ぎ。

などが挙げられます。

このような食生活が習慣化してしまっていると、動脈の壁に悪玉コレステロール(LDLコレステロール)や中性脂肪などが溜まり、動脈の内腔を狭くしたり、血液がドロドロの状態になったりして、全身への血液の流れが悪くなります。また同時に、血管が硬く、脆くなるため、血管の柔軟性が失われ、心臓への負担が増え、高血圧や末梢の血行障害なども引き起こします。

精神的・心理的なストレスによる動脈硬化

動脈硬化を引き起こす原因には、日常生活における精神的・心理的なストレスなども大きく影響すると考えられています。人間は強いストレスを受けると、自律神経のうち、交感神経が優位に働き、身体が緊張状態になるため、全身の血管が収縮したり、血圧が上昇したりします。こうした状態が血管に大きな負担をかけるため、動脈硬化が進行しやすくなるのです。

 

様々な病気につながる可能性のある動脈硬化は予防が大切

動脈硬化を予防する方法には、血液をサラサラにして、血液の流れをスムーズにすることによって、血管の内腔が詰まらないようにすることや、日頃から適度な運動を心掛けること、ストレスを解消することなどがあげられます。

食生活においては、肉や加工食品、インスタント食品など脂質や炭水化物(糖質)が多く含まれる食品をできるだけ控え、摂取カロリーを適正に抑えることが必要です。

また、悪玉コレステロールを減少させるDHAやEPAが多く含まれる魚介類(特に青魚)、ポリフェノールやフィトケミカルなどが多く含まれる緑黄色野菜などを十分に摂取することも動脈硬化の予防につながります。厚生労働省では1日に350gの野菜を摂取するように推奨していますので、野菜摂取の目安にすると良いでしょう。

食生活以外にも、適度な運動は摂取したカロリーを燃焼させ、血液中の余分なコレステロールや中性脂肪などを低下させる効果があるため、血液をサラサラの状態に近づけます。さらに基礎代謝を上げ、肥満になりにくい身体づくりに役立つほか、心身をリラックスさせ、血圧の上昇を抑えたり、末梢の血流を改善したり、血管を健康な状態に保ちます。

また、最近では「水素」を摂ることにより、動脈硬化を予防する方法も注目されています。水素には悪玉コレステロールを低下させたり、血管の老化を防いだりする効果があると考えられています。

 

水素は動脈硬化予防になるのはなぜ?

 

人間の細胞は、体内で発生する活性酸素などによって酸化します。酸化は老化と同じ意味です。細胞は酸化によって老化していくのです。細胞の酸化を抑える働きを「抗酸化作用」といいます。ビタミンCやビタミンEなどは程度の差はありますが、抗酸化作用があるビタミンとしてよく知られています。

最近では「水素」に高い抗酸化作用があることが分かり、動脈硬化の予防に効果があると注目されています。

動脈硬化の原因のひとつとなる活性酸素にはいくつかの種類がありますが、水素はヒドロキシラジカルなど毒性の強い悪玉活性酸素と結合し、無毒な酸素などに還元する働きがあるため、活性酸素を効果的に除去することができるのです。

そもそも動脈硬化は、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪などが、活性酸素の働きによって酸化されることにより、アテローム状(お粥のような状態)になり、血管壁に沈着しやすくなります。その後、血管に沈着した悪玉コレステロールなどが塊となり、血管の内腔が狭くなったり、塞がったりして、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞などの病気が引き起こされることになります。

そこで、水素の抗酸化作用によって、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪などが酸化されることを防ぐことができるため、動脈硬化の予防につながるのです。

また、水素は悪玉の活性酸素を無害化する働きがありますが、善玉の活性酸素には働きません。こうした点も水素のメリットといえます。

 

動脈硬化予防は水素水や水素サプリがおすすめ

動脈硬化を予防するには、基本的には日頃の食生活を見直し、バランスのとれた食事を心掛けることや、適度な運動を習慣化すること、ストレスを解消することなどが必要ですが、動脈硬化は生活習慣病のひとつといわれるように、それまで長年に渡って身についた生活習慣を一気にがらりと変えることは、難しいものです。

また、ライフスタイルも変化しているため、一日のスケジュールを変えてまで健康を気づかう余裕がない場合もあるでしょう。

そこで「水素」を取り入れることをおすすめします。水素を体内に取り入れる方法は、「水素水」や「水素サプリ」を利用するのが代表的な方法です。

水素水とは水素に圧力をかけて蒸留水や天然水などに溶かし込んだ飲料水のことです。

水素サプリは、水と反応すると水素を発生させる物質や成分を錠剤やカプセル状に加工したサプリメントです。

水素水や水素サプリを利用することを食生活や運動の習慣などとともに、血管の老化や動脈硬化を予防するひとつの方法として取り入れるのです。

食生活を見直したり、運動を継続したりすることは案外と難しいものですが、水素水や水素サプリを摂ることなら、簡単に始められ、手軽に続けることができます。

動脈硬化の予防を考えられている人は、水素水や水素サプリなど自分に合った方法で水素を取り入れていきましょう。

きれいになりたい!水素サプリ一覧

水素サプリは、様々なたいぷのものが多く出されています。

カプセル状のものから、チュアブルタイプのものまで様々です。

そのためどれを選べばいいのかがわからない?という方も多いのでは。

今回は水素サプリのなかでも、人気かつ定番の3商品をご紹介していきます。

プラチナダイヤモンド水素

プラチナダイヤモンド水素が選ばれている理由

  1. 水素サプリNo1の還元力の凄さ!
  2. 水に溶けやすく、早く長く効果が続く!
  3. サンゴを使用していて安心安全!

ナチュラ水素

水素サプリには、精製岩塩・サンゴカルシウム・ゼオライト・フラナガン水素と4種類の原材料によって水素を発生させます。

ナチュラ水素は、その中で「精製岩塩」を利用して水素を発生させます。

先ほどあげた4つの原料の中でも精製岩塩は多くの水素を発生させるといわれており、精製岩塩によって濃度が高い水素を得ることが可能になっています。

ヘルシアーナ水素

 安心の国産原料を使い作り上げられた「ヘルシアーナ水素」

水素発生方法は、サンゴ×牡蠣となっています。そこに相性のいいビタミン成分を含むことで、美容・健康への効果を高めているのが、ヘルシアーナ水素が選ばれている理由です。

-水素水効果

Copyright© 水素サプリ屋さん , 2021 AllRights Reserved.