水素の豆知識

水素水や水素の効果を高める方法と注意点、安全性について

投稿日:

水素水は健康や美肌に良い効果をもたらしてくれることで注目されていて、とても身近な商品です

コンビニやスーパーなどで手に入られるほど、手軽に購入することができます。

ただ、水素水はただ飲むだけでは効果をきちんと引き出すことはできません。そのため、飲むにあたって注意するべき点もあります。

 

そこで、水素水を飲むことで期待できる効果や飲むタイミングについて、副作用などの危険が無いかについて、水素を効率よく摂取する方法を紹介していきます。

水素水には副作用はあるの?飲むときの注意点

水素水には副作用を引き起こしてしまうような危険性は少ないとされています。

水素は食品添加物として厚生労働省で認可されており、人間の健康を害する恐れが無いか厳しく検査された上で認可されているので、水素は人間の健康を害する恐れの無いものとして、安全性が高いことがいえます。

水素水を飲んだ後は体内で悪玉活性酸素と結合して身体に無害な水に変えてくれ、大量に摂取した場合でも呼吸と共に自然に対外へ排出されるだけなので副作用を起こすリスクは少ないのです。

 

ただ、水素水を飲んで身体に痒みや吹き出物が出たり、お腹がゆるくなったりというケースもあります。

これは副作用ではなく「好転反応」といわれる症状です。

 

水素水を飲むことで体内の毒素が体外へ出そうと働きかけます。

身体の中に毒素や老廃物が多く溜まっている状態で水素水が入ると溜まっていた毒素や老廃物が排出されやすくなり、それによって一時的に痒みや吹き出物、お腹がゆるくなるといった症状が出ます。

 

好転反応は、水素水が体内に循環され、余分なものを出して綺麗な状態になっている証拠です。

好転反応の症状は1週間ほどで治まるので、水素水を飲んで痒みや吹き出物、お腹がゆるくなるといった症状が出ても心配なく、好転反応によって毒素や老廃物を出して、水素水が体内で働きかけている証なので、副作用ではありません。

 

このことから、水素水は一時的に痒みやお腹がゆるくなる症状が出ることもありますが、好転反応と呼ばれる水素水が余分な物を出してくれているので、良い働きをしている証拠であり、水素水は副作用を起こすような危険はほとんどないといえます。

 

水素水を飲むときの4つの注意点

水素水は副作用の心配がない健康食品ですが、飲む際にいくつか注意をしたいことがあります。

ここでは、

  • 尿意を感じやすくなる
  • 水素水を飲むタイミングと効果の関係
  • 水素濃度と効果の有無
  • 水素水の水素が抜けやすい性質

について解説していきます。

尿意を感じやすくなる

水素水を飲むと尿意が感じやすくなるといわれています。

これは水素の性質が関係している場合と、そうではない場合があります。

 

まず、水素水を飲んで尿意が増す理由の一つに、水素水を飲むことで今までよりも摂取する水分量が増えるということが挙げられます。

水素水を飲んだからといって尿意を感じやすくなったり、トイレが近くなったりということではなく、水分を沢山摂取するようになったので自然とお手洗いに行く回数が増えたのです。

 

ただ、水素水の影響により尿意が増すこともあります。

水素水は身体の中の老廃物や毒素が尿として排出する働きがあり、体内の活性酸素を排除する働きがあり、体内を綺麗にしようとします。

水素水を飲むことで老廃物や毒素を作り出してしまう原因となる活性酸素を排除しようとするので尿意を感じやすくなったり、トイレの回数が増えたりすることにつながります。

 

水素水を飲んで尿意を感じやすくなったり、増えたりする理由は水素水を飲むことで以前より水分量が増えたこと、水素は不要な毒素や老廃物を排除して、体内を綺麗にしようとするデトックス作用が働くことで尿意が増えることがいえます。

 

水素水を飲んで尿意が増えたと感じた場合に気を付けたい事は水素水を飲むタイミングです。

夜寝る前に水素水を飲むと尿意で目が覚めてしまう可能性があるので、水素水は寝る2時間以上前に飲んでおき、寝る前にトイレに行っておくことで尿意を感じにくくします。

 

それと、イベントや会議などトイレに行けない状態の前に水素水を飲まないことも尿意を感じにくくします。

トイレに行けない状態の前に飲んでしまうと、尿意をより感じやすくし増やしてしまうので、トイレに行けない状態の前は水素水を飲まないことも尿意を減らすことにもつながります。

 

水素水を飲むタイミングと効果の関係

水素水を飲むタイミングによって実感できる効果が違ってきます。

そのため、水素水をただ飲むのではなく自分が得たい効果に合った飲むタイミングを知っておくことが大切です。

水素水を飲むタイミングとしておすすめなのが「朝」「寝る前」「ストレスを感じた時」「運動後」「入浴後」です。

 

まず、朝に水素水を飲むことで期待できる効果は「便秘解消」です。

朝に水素水を飲むことで水分補給でき、朝ごはんと水分によって便が出やすい状態になります。朝に水分を摂取すると便が柔らかくする働きも期待でき、水素水には便秘の原因につながってしまう毒素や老廃物を排出する働きも持っているので、朝のタイミングで水素水を飲むと便秘解消につながるのです。

 

寝る前に水素水を飲むことで、傷付いた体内の細胞を修復して、新しい細胞へと生まれ変わりを促してくれます。

細胞の生まれ変わりが活発になると肌に良い影響を与えたり、身体の代謝を高めたりすることにもつながるので、寝る前の水素水は体内の細胞を正常化させ、活発にする効果が期待できます。

 

また、寝る前に水素水を飲むことは二日酔いの症状を軽減する効果も期待できます。

活性酸素を鎮める働きで、お酒を飲んだ後の二日酔いの症状を軽くして、お酒を飲んだ次の日の朝を快適にします。

 

ストレスを感じた時に水素水を飲むのも良いタイミングです。

ストレスを感じている状態の時は活性酸素が増えています。

ストレスを解消できず活性酸素がどんどん溜まってしまうと身体や肌に悪影響を及ぼしたり、不眠を引き起こしてまったりする可能性があります。

水素は活性酸素を除去してくれる働きがあるのでストレスを感じた時に水素水を飲むと活性酸素が減るので心身ともに健やかに、気持ちを落ち着かせる効果も期待できます。

 

運動後は活性酸素が大量に発生します。

水分補給のために水素水を取り入れることで活性酸素を除去し、水分補給効果と運動後の疲れを軽減します。

 

入浴後は肌トラブルの原因となる活性酸素が活発に働きます。

そこで水素水を摂取すると、肌に水分が補給でき、肌の還元効果につながります。

 

以上のように、水素水は飲むタイミングで得られる効果が変わります。そのため、ただ飲むのはもったいないことだと分かります。

飲むタイミングによって違った効果が期待でき、自分が得たい効果に合ったタイミングで飲むことでより水素水の効果を高めます。

 

水素濃度と効果の有無

水素には水素濃度というものがあり、水素濃度が高いかそうでないかによって効果の感じ方に違いが出てきます。

 

水素濃度は高ければ高いほど水素の含有量が多いことを示しています。

ppmという単位で表され、1ppmは1リットルの水に1mgの量が含まれているという意味になります。

 

水素濃度が身体に効果が出る最大濃度は0.4ppmとされています。

0.4ppm以上の水素水を飲んでも、0.4ppmの水素水と効果に差が出ず、身体に効果が期待できる水素濃度は0.4ppmといえます。

 

ですが、水素は体内に取り込むと約60%が体内で吸収されることなく外に出てしまう特性があります。

1.0ppmの水素水を飲んだ場合0.4ppm分体内に吸収されますが、残りの0.6ppmは体外に排出してしまいます。

 

水素濃度0.4ppmが効果の出る最大濃度なので、水素濃度1.0ppm以上の水素水を飲めば、水素水の効果を十分に得られることが期待できます。

水素水の水素濃度が高いほうが、効果が高いと思われがちですが、水素濃度が高ければ高いほど良いというわけではありません。

 

容器に圧力をかけて水素を押し込んだり、密閉状態内で水素を発生させたりすれば水素濃度は高くなるので、これを利用して高濃度水素水として販売されています。

ですが、高い水素濃度の水素水は容器内圧力がかかった状態での数値なので、ふたを開けた瞬間に普通の圧に戻り水素が一気に抜けてしまうので、高濃度の水素水だからといって効果が高いわけではないのです。

 

よって、水素濃度が1.0ppmの水素水が身体に効果の出る最大濃度であり、それ以上の高濃度水素水でも効果にそれほど差が出るわけではありません。

濃度が高いと開けた時に水素が一気に抜けてしまうので、結果として水素濃度1.0ppmの水素水と効果の出方が変わらない可能性もあります。

 

水素水の水素が抜けやすい性質

ペットボトルやパウチタイプの水素水が多く販売されていますが、水素の粒子はとても小さいので開けた時に空気によって水素が抜けてしまうので、ペットボトルやパウチタイプの水素水は水素が抜けるリスクが高いことを知っておきましょう。

 

水素の粒子はこの世の全てのものの中で最も小さい粒子といわれていて、水素水になっても粒状にならず、完全に溶けて見えなくなります。

 

ペットボトルは特にすぐに水素が通り抜けてしまい、高濃度という言葉で売られている商品でも数日で水素が全て抜けてしまいます。

 

アルミ缶で売られている水素水もありますが、実はアルミ缶内は空間があり、粒子が小さい水素はその空間に水素が抜け出し、開けた瞬間に水素が抜け出し、あっという間に濃度が低くなってしまいます。

 

アルミパウチはペットボトルやアルミ缶よりも水素を通しにくい材質で作られていますが、飲み口がプラスチック製なので飲み口のキャップ部分から水素が徐々に抜け出し、約半年で水素濃度がほぼゼロになるという結果も出ています。

 

水素の粒子は蓋をしている状態や密閉されている状態でも水素がどんどん抜けてしまい、水素が抜けるとただの水と同じで、水素の効果を得ることができなくなります。

 

水素の注意点を理解して無駄なく取り入れるなら水素サプリがおすすめ

水素の粒子がとても小さいため、空気中に抜けてしまう性質があるので、ペットボトルや缶、パウチタイプの水素水は開けた時に水素がどんどん逃げてしまうので、時間が経つと水素量が少なくなり、最大限効果を得ることができなくなります。

また、水素水に含まれている水素全てが体内に吸収されるわけではなく、そのまま外に出てしまうだけで無駄になってしまう量もあるので、無駄なく水素を摂取して効果を実感するのは難しいのです。

 

そこで、無駄なく水素を摂取するのにおすすめしたいのが「水素サプリ」です。

水素の分子は容器から抜け出しやすいことから、サプリメントにすることで、体内で水素を発生させて摂取しやすくしています。

 

水素サプリは体内で水素を発生させる水素発生体としてサンゴカルシウム、牡蠣カルシウム、水素吸蔵ゼオライト、フラナガン、酸化マグネシウム、精製岩塩などを含み、水や空気中の湿気に反応して水素を発生させることで、水素を摂取する仕組となっています。

水素水だと開けた瞬間から空気中に水素が抜けてしまいますが、水素サプリなら水素を発生させる水素発生体と水分が混ざり合って水素を発生させて、体内に水素を取り込むので空気中に抜けてしまうリスクが減り、そのまま体内に摂取できるということです。

サプリメントは成分を凝縮させているので、手軽に摂取でき、かつ効果的に効率よく水素を体内に摂り入れることができるのです。

このことから、水素を無駄なく十分に取り入れるなら水素サプリがおすすめだといえます。

きれいになりたい!水素サプリ一覧

水素サプリは、様々なたいぷのものが多く出されています。

カプセル状のものから、チュアブルタイプのものまで様々です。

そのためどれを選べばいいのかがわからない?という方も多いのでは。

今回は水素サプリのなかでも、人気かつ定番の3商品をご紹介していきます。

プラチナダイヤモンド水素

プラチナダイヤモンド水素が選ばれている理由

  1. 水素サプリNo1の還元力の凄さ!
  2. 水に溶けやすく、早く長く効果が続く!
  3. サンゴを使用していて安心安全!

ナチュラ水素

水素サプリには、精製岩塩・サンゴカルシウム・ゼオライト・フラナガン水素と4種類の原材料によって水素を発生させます。

ナチュラ水素は、その中で「精製岩塩」を利用して水素を発生させます。

先ほどあげた4つの原料の中でも精製岩塩は多くの水素を発生させるといわれており、精製岩塩によって濃度が高い水素を得ることが可能になっています。

ヘルシアーナ水素

 安心の国産原料を使い作り上げられた「ヘルシアーナ水素」

水素発生方法は、サンゴ×牡蠣となっています。そこに相性のいいビタミン成分を含むことで、美容・健康への効果を高めているのが、ヘルシアーナ水素が選ばれている理由です。

-水素の豆知識

Copyright© 水素サプリ屋さん , 2021 AllRights Reserved.