水素とは?なぜ人気が長く続いているのか?

水素には好転反応があるって本当?副作用との違いは?

更新日:

水素がとても流行っていますよね。

効果も感じるということで、水素の商品は一時期の流行りだけじゃなくて定番のものとなりそうですね。

アンチエイジング、美容、健康、がんや血液の病気の予防、疲労回復などといった幅広い作用があって人気がある反面、副作用があるのか気になりますよね。

今回は水素を取り入れると現れる好転反応について調べていきたいと思います。

 

好転反応と副作用の違いって何?

 

体の調子がわるい

mintchipdesigns / Pixabay

 

 

副作用と好転反応とは、似ているように感じている人も多いですが、実際は少し違ってきます。

副作用とは、自分の体に摂取した成分や薬品による効果とは別の作用によって起きることです。副作用という言葉は、多くの場合あまりよくない意味でつかわれています。

それに対して好転反応とは、「良い方向に変わるときに出る反応」のことです。

つまり、取り入れた栄養や成分によって、からだの中が変わるときに今まで体内にあった悪いものを出そうとする働きのことをいいます。

例えば、正常な状態ではからだの中はアルカリ性になっているのですが、からだが不調になっていると酸性に傾いてしまいます。からだは酸性に傾いている状態に慣れているので、正常な働きであるアルカリ性のものが体に入ってきたらからだはびっくりしていつもと違う反応をしますよね。

これが好転反応の仕組みです。

体にいいものを取っていれば健康な状態になるのに、今まで出なかった反応が好転反応として突然出たら怖くなって取るのをやめてしまいますよね。

でも好転反応なのか、違うのかはどうやって判断すればいいのか分かりにくいと思います。

ではどういったものが好転反応なのでしょうか。

副作用との違いや、本当に体に合わない場合に出る反応ってどんなものなのかという疑問を見ていきたいと思います。

 

副作用の特徴や表れる代表的な例

 

まず、薬とか飲むと現れる副作用としては、頭痛薬などの痛み止めを飲むと胃が痛くなったり眠くなったりといった作用のことです。

副作用は、人によって変わってくる可能性があるので分かりにくいといわれていますが、多くの場合は今まで不調を感じなかった部分に不具合が生じてしまいます。

折角体にいいものを取ってるはずなのに副作用があるのは嫌ですよね。

 

水素には副作用があるの?その理由を探る

そもそも水素には、副作用があるのでしょうか?

安心してください。水素を摂取しても副作用はないといわれています。

なぜなら水素はもともと、からだに存在している分子です。そのため水素を取り入れることによって、バランスを整え、体の調子をよくすることができます。

取り入れた水素自体が、細胞の隅々に働きかけてくれてからだの調子を戻してくれるのです。※水素が体でどのような働きをしてくれているのかは後述します。

 

好転反応は悪かった部分が良くなる前兆なので、今まであまりよくないと感じていたところに反応が出てくるようです。

例えば便秘だった人が水素を摂取してから、水素の効果によって腸が活発に働きだすことがあります。そういった場合は水素を摂取してから、おならが多くなって嫌だなーと感じますよね。

しかしそこでやめてしまえばおならが多くなっただけですが、もう少し続けると便が出たとなるわけです。

これが好転反応といわれるものの一つです。

そして好転反応は、その人によっても変わってきます。

  • 顔に吹き出物が多く出ていると、もっと吹き出物がでてくる。
  • 肌が弱っているときは肌が赤くなる。
  • 便秘だった場合下痢をおこす。
  • 眠くなる。
  • 血行が良くなって熱く感じる。

など、様々な不調と感じることが現れる可能性があります。特にからだの一番弱い場所や、一番弱っている場所に反応が出やすくなります。

そして好転反応と思われるものがもし出てしまった場合は、体の不調も考えられます。

実は好転反応というのは、身体の不調を知らせてくれるサインとなる場合があります。もし、いつもと違うなと思ったらお医者さんに診てもらってくださいね。

 

水素の好転反応ってどのくらいまてばいいの?水素の効果ってどんなの?

 

好転反応なのか判断する

stevepb / Pixabay

 

それでは実際に水素をとり始め、好転反応と思われるものが出たら、どのくらい様子を見るといいのでしょうか。

水素の好転反応は人によって、水素を摂取してからすぐに表れた人、全く症状が出ない人、1日で収まる人、1カ月ほどかかる人など様々いるようです。

 

しかし、水素は基本的に人体に無害だといえます。

というのも、水素がからだの中で働いてくれるのは悪玉活性酸素に対してだけといわれているからです。

 

この水素が働きかける悪玉活性酸素は、病気のもとになる原因といわれています。

しかし活性酸素は、人が生きていくうえで絶対に作り出されています。

イメージとしては、人が空気を吸い酸素を使って体を動かすエネルギーを作っているとしたら、活性酸素は燃えカスのような存在でしょうか。

この活性酸素は普段は体のなかで分解、除去してくれることができるのですが、活性酸素の中の一つであるヒドロキシラジカル(悪玉活性酸素)だけは分解できません。

ヒドロキシラジカルは、私たちの日常生活ですぐに生まれてしまいます。

不規則な生活や食事、ストレス、喫煙、排気ガス、パソコンやテレビの光、ダニ、ハウスダスト、ほこり、などと小さなことでも悪玉活性酸素であるヒドロキシラジカルは生まれてっしまうのです。

そしてこの悪玉活性酸素を放っておくと、老化が早まり病気になります。

悪玉活性酸素は、細胞を傷つけ老化させていきます。細胞は情報をコピーして新しく生まれていきますが、傷がついてしまったらそのままコピーしてしまいます。小さい傷ならいいのですがこれが重なっていくと、細胞は正常な働きをしてくれなくなります。それが老化の仕組みです。

血液の中の細胞が悪玉活性酸素の影響で老化してしまうと、動脈硬化や血栓、ドロドロの血といった病気になってしまいます。

これが肌だったら美容の大敵であるしわやくすみ、乾燥などがおきます。

さらに腸だったら便秘や下痢などといったように様々な症状がおきてくるのです。

中には、がんの原因がこの悪玉活性酸素にあるという方もいらっしゃいます。

そんな病気の原因でもある活性酸素と手を組んで、無害な水にして、体外に排出できる働きがあるのが水素です。水素は、活性酸素を尿や汗によって体外に排出するといわれています。

水素の効果はからだに悪影響があるものを無害なものに変えてくれ、さらにとても小さな物質なので体のすみずみまでいきわたってくれます。そして水素濃度が高いものを多く摂取しすぎたとしても体の中からすぐに出ていきますので水素自体に害はないといわれています。

しかし水素がとても小さいことはデメリットにもなります。最近はやりの水素水などでは、水に含まれている水素はすぐに抜けてしまいやすくなり、実際の濃度が少なくなっている場合もあります。

そのため、体の中で水と反応して水素を発生させる水素サプリメントが効果も高いといわれているのです。

まとめ

 

水素自体は病気のもとになる活性酸素を無害なものに変えてくれ、有害なものを外に出してくれる働きがあります。そして水素を取りすぎたことによる副作用などの害は、いまのところ報告されていません。より安心して飲みやすいのではないかと思います。

もし、水素によって好転反応といわれる体の弱っている部分や悪い部分になにか反応が見られたら、よくなっている前兆かもしれませんし、悪いところを知らせてくれるサインかもしれません。

水素の働きで病気を予防することができるなら、早めに摂取しておきたいものですね。

 

きれいになりたい!水素サプリ一覧

水素サプリは、様々なたいぷのものが多く出されています。

カプセル状のものから、チュアブルタイプのものまで様々です。

そのためどれを選べばいいのかがわからない?という方も多いのでは。

今回は水素サプリのなかでも、人気かつ定番の3商品をご紹介していきます。

プラチナダイヤモンド水素

プラチナダイヤモンド水素が選ばれている理由

  1. 水素サプリNo1の還元力の凄さ!
  2. 水に溶けやすく、早く長く効果が続く!
  3. サンゴを使用していて安心安全!

ナチュラ水素

水素サプリには、精製岩塩・サンゴカルシウム・ゼオライト・フラナガン水素と4種類の原材料によって水素を発生させます。

ナチュラ水素は、その中で「精製岩塩」を利用して水素を発生させます。

先ほどあげた4つの原料の中でも精製岩塩は多くの水素を発生させるといわれており、精製岩塩によって濃度が高い水素を得ることが可能になっています。

ヘルシアーナ水素

 安心の国産原料を使い作り上げられた「ヘルシアーナ水素」

水素発生方法は、サンゴ×牡蠣となっています。そこに相性のいいビタミン成分を含むことで、美容・健康への効果を高めているのが、ヘルシアーナ水素が選ばれている理由です。

-水素とは?なぜ人気が長く続いているのか?

Copyright© 水素サプリ屋さん , 2021 AllRights Reserved.