効果 水素の女性に嬉しい効果

妊活中の方も知ったほうが良い水素と妊娠の関係

更新日:

妊娠したい方や、今妊娠して新しい命を預かっている方は体の中にいる赤ちゃんの為に良いものを摂取しようと思われている方も多いのではないでしょうか。

水素も体にいいと聞いたけど、どのように体にいいのか。また、胎児に影響はないのか不安ですよね。

今回は妊娠したい方も水素を摂取したほうがいい理由と妊娠中や授乳中にも摂取したほうがいい栄養素全体を見ていきたいと思います。

水素っていいって聞くけど理由ってあるの?

水素

 

水素ってよく聞くけどどのような働きを体の中でしているのか、少し不安ですよね。

 

水素は悪玉活性酸素を無害にする働きがあるといわれています。

悪玉活性酸素は、からだを酸化させてしまいます。酸化とは老化のことです。

からだは酸素を取り込みますが、

 

活性酸素は4種類ありますが、その中でも悪玉活性酸素のヒドロキシロジカルは自分で除去できません。そしてDNAも酸化させてしまうので老化が早まってしまいます。できればヒドロキシロジカルを発生させないようにしたいのですが、ストレスや紫外線、排気ガスや電波、喫煙、飲酒、生活習慣の乱れなどですぐに出来てしまいます。

 

活性酸素は、老化を早めますが場所によって症状も様々です。

 

血液にできれば動脈硬化など、肌にできればシミやたるみや乾燥など、臓器にできれば内臓疾患、DNAにできればがんなど、活性酸素は着実に体をむしばんでいってしまいます。

また老化は徐々に起きてきますので、症状としては急激に現れるものではありません。長年の無理がたたって病気が表面化するのも、からだは一生懸命に抵抗しているからです。気が付いたらかなり進行していたということがあるはずですが、その前に症状として現れています。

それは、この頃疲れやすいな、寝ても疲れが取れないな、寝付きにくいな、なんだかだるいな、などという症状が現れているはずです。

その初期症状のうちに体の異変に気が付いて、病気の予防をすることが大切なのです。

 

水素は宇宙で初めてできた元素といわれていて、その小ささは宇宙一です。

その小さい水素が体の中に入ると、からだのすみずみまで広がっていきます。どんなに小さい細胞にも水素は行き渡ることができます。

そして、悪玉活性酸素といわれるヒドロキシロジカルと結びついて無害な水にして体の外に汗や尿として出してくれます。

 

余ってしまった水素は体を巡ったあと、すぐに体の外に排出するため体にも残ることなく安心できます。

 

妊娠したい方も水素は効果が高いって本当

水素とエストロゲンサプリの関係 女性の体

 

妊娠したい方や妊娠中の方は、水素の働きに注目してください。

水素は悪玉活性酸素のヒドロキシロジカルを無害化させてくれますが、それは体の中でアンチエイジングが起こっていることにもつながります。

 

酸化させてしまう活性酸素を無害化させることで、からだは本来の働きを取り戻します。

酸化は老化です。体の中がさび付いてしまうことと同じです。

さびがついてしまった歯車がうまく動かなくなってしまうのと一緒で、からだもどこかが悪くなってしまうと別のところも悪くなってしまうといった悪循環も生まれてしまいます。

さびつくとギシギシとしたいかにも不安定な動きしかしてくれませんよね。

そのためさびを取るかさびがつく前に予防しておかなければいけません。

 

そして水素は、細胞を活性化させてくれます。さび付いたものを除去したり予防したりすることで細胞の働きを助けてくれているのです。

細胞が活性化すると新陳代謝が働きます。新陳代謝が働くと体は新しい細胞を作り出す力が強くなるので、より早く、より健康な細胞を生まれさせるサイクルへとお手伝いすることができます。

卵子を老化から守ってくれるのですね。

 

卵巣も毎月卵子を作り妊娠させる準備をしています。それが剥がれ落ち生理として体がリセットされて、また妊娠できる土台を作ってくれます。

そのサイクルを助けることで、着床しやすい体づくりの元を作り出してくれます。

 

水素は体の中で悪玉活性酸素と結びついて無害になると、体の中で戦うものがなくなります。ストレスフリーになって、乱れがちだった自律神経を整えてくれる作用もあるといわれています。

悪玉活性酸素といわれる余計なものに体の中の細胞を使われるよりは、本来の体の働きである細胞のサイクルに力を出せるようになるのですね。

 

水素って胎児に影響するの?妊娠中に必要な栄養素とは

 

妊娠中に水素を摂取することで、胎児に影響が出るか心配な方は多いと思います。

 

水素を摂取すると胎児に影響は出ないと考えられています。

むしろ、胎児の脳障害を軽減させてくれる働きがあるという研究結果もあるほどです。

名古屋大学大学院が論文で発表したことによると、「妊婦が水素を摂取すると、水素が胎児にまでいきわたり、脳障害になる確率を下げる」というものです。

胎児が脳障害になる原因として、子宮の老化が原因といわれています。

水素は老化を予防してくれる働きがあるので、胎児が脳障害になりにくくなるとされています。

 

また、水素は他の栄養の働きを助けてくれます。

妊娠中に大切とされている主な栄養素はこちらです。

 

  • ビタミンB群、葉酸とビタミン12

DNAや白血球を作る大切な栄養素です。特に妊娠中は赤ちゃんを作る栄養素となるので、通常の2倍もの葉酸を必要としています。妊娠中は1日400μg、1000μgまで摂取すると良いとされています。葉酸はビタミンB群の栄養素で同じビタミン群の仲間であるビタミン12と一緒に働きます。

また、ビタミンB群は他のビタミンB群と一緒に働いてくれますので、他のビタミンB群と一緒にとると効果的です。

 

  • カルシウム・マグネシウム

赤ちゃんの骨を形成させてくれる大切な栄養素です。

 

  • たんぱく質

タンパク質は体を作るうえで欠かせない栄養素です。髪の毛や肌だけでなく、脳や内臓、血管なども作るのに必要なものです。赤ちゃんだけでなく、からだの基礎となるものです。

 

  • 食物繊維

妊娠中は便秘になりやすいので、食物繊維を摂取してこまめに便秘解消をさせていきます。

 

  • ビタミンC

免疫力を高めるだけでなく、ストレスの緩和や、脳や血管、骨を作るのを助けるのがビタミンCです。

 

  • 亜鉛

亜鉛が少なくなると低身長や低体重になったり、赤ちゃんの知能に影響を与えたりするといわれています。妊婦さん亜鉛を摂取するとつわりが軽減するとも言われていますので積極的に摂取していきたい栄養素です。

 

赤ちゃんは必要な栄養素でもある鉄をよく使いますから、妊娠中は貧血になりやすくなってしまいます。貧血は気が付きにくいことも多いので鉄分は気を付けて摂取していきたいものです。

 

 

このように妊娠中にはたくさんの栄養素が必要になってきます。それは赤ちゃんを作るのに必要な栄養素だからいつもの2倍摂取していかないといけなくなります。

 

しかし、赤ちゃんに必要なものは人が体を作るうえでも大切な栄養素です。

バランスをよく摂取して、妊娠していない時でも気を付けて摂取していくと体が健康になっていきます。

 

きちんとバランスを整えて、必要な栄養を摂取して、水素を摂取すると健康だけでなくアンチエイジングにも効果が高くなって、妊娠したい方や妊娠中、また授乳中の方の強い味方になってくれることでしょう。

きれいになりたい!水素サプリ一覧

水素サプリは、様々なたいぷのものが多く出されています。

カプセル状のものから、チュアブルタイプのものまで様々です。

そのためどれを選べばいいのかがわからない?という方も多いのでは。

今回は水素サプリのなかでも、人気かつ定番の3商品をご紹介していきます。

プラチナダイヤモンド水素

プラチナダイヤモンド水素が選ばれている理由

  1. 水素サプリNo1の還元力の凄さ!
  2. 水に溶けやすく、早く長く効果が続く!
  3. サンゴを使用していて安心安全!

ナチュラ水素

水素サプリには、精製岩塩・サンゴカルシウム・ゼオライト・フラナガン水素と4種類の原材料によって水素を発生させます。

ナチュラ水素は、その中で「精製岩塩」を利用して水素を発生させます。

先ほどあげた4つの原料の中でも精製岩塩は多くの水素を発生させるといわれており、精製岩塩によって濃度が高い水素を得ることが可能になっています。

ヘルシアーナ水素

 安心の国産原料を使い作り上げられた「ヘルシアーナ水素」

水素発生方法は、サンゴ×牡蠣となっています。そこに相性のいいビタミン成分を含むことで、美容・健康への効果を高めているのが、ヘルシアーナ水素が選ばれている理由です。

-効果, 水素の女性に嬉しい効果

Copyright© 水素サプリ屋さん , 2021 AllRights Reserved.